3D建物探訪

SYNEGIC OFFICE

本計画は構造用ビスの製造をしているシネジック株式会社の新社屋新築計画である。木造の可能性を広げる先進的な建築の提案が求められた。シネジックでは一般的なデスクワークに加え、実験や外部の研究者との協働によりものづくりの業務も行われているため、社員同士の働き方が影響し合い、活発な対話や連帯感が生まれるような場をつくりたいと考え、18mの大スパントラスによる大屋根の一体空間に多様な場が遍在する計画を行った。

屋根架構に対して地形的で動きのある床レベルを追従させることで、手が触れる程架構に近く覆われた場や架構の空間の繋がりを感じるひらいた場など、一様になりがちな大屋根建築のなかにオフィスが機能するために必要な場所性を与えている。それらの間に動線を巻き付け、空間の緩急、視線の抜けに誘発されてくるくると移動しながら社内の情報が入り交じる社屋となることを目指した。

建物概要

所在地 宮城県富谷市
用途 事務所
設計 UENOA architects/長谷川欣則・堀越ふみ江
構造 ホルツストラ/稲山正弘 + KMC/蒲池健
設備 ジーエヌ設備計画(機械)
タクトコンフォート株式会社(電気)
施工 八光建設
外構 SfG landscape architects/大野暁彦
建築面積 633㎡
延床面積 834㎡
階数 地上2階
構造 木造(CLT)
竣工 2018年12月

略 歴

長谷川欣則(はせがわ・よしのり)

埼玉県生まれ
2004年 明治大学理工学部建築学科卒業
2006年 同大学大学院理工学研究科修士課程修了
2006年 西沢立衛建築設計事務所
2008年 岡田公彦建築設計事務所
2013年 - UENOA architects共同主宰
2019年 - 東京藝術大学coi拠点特任講師

堀越ふみ江(ほりこし・ふみえ)

栃木県生まれ
2003年 法政大学工学部建築学科卒業
2003年 KTA一級建築士事務所
2008年 日本設計
2013年 - UENOA architects共同主宰
2016年 東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程修了
2020年 - 足利大学非常勤講師/工学院大学非常勤講師

ACCESS(Google Map)