Enterprise

建設関連団体・企業・その他

流通・商社

CLTで未来に備える

世界が”脱炭素”に向けて走り出している今、あらためて注目されているのがCLTなどの木質材料の使用です。内部にCO₂を蓄え、製造・建設時の排出量を抑えることができるCLTは、中大規模建築物にも多く使用されるようになっています。この木質材料の魅力や特性は、これからの建設・不動産の脱炭素化や新たな価値の創出に貢献します。

世界が”脱炭素”に向けて走り出した!~2050年カーボンニュートラル 地球温暖化を防ぐための取り組みが活発化しています。2050年までに温室効果ガスの排出量を「実質ゼロ」にする動きは、世界120以上の国・地域が目標として掲げ、わが国も2020年秋に表明しました。今や多くの企業にとってCO2排出量は将来の経営や事業の大きなリスクになりかねません。一方で、投資市場では投資先を選ぶ際に環境(Environment)・社会(Social)・企業統治(Governance)の観点を重視するESG投資が広まっています。これは建設・不動産の世界でも同様で、立地や築年数といった従来評価に加えて環境・社会への貢献が不動産の新たな評価軸の一つになってきていると言えます。このように社会が大きく変わろうとしている今、あらためて注目されているのがCLTなどの木質材料の使用です。内部にCO2を蓄え、製造・建設時の排出量を抑えることができるCLTは、中大規模建築物にも多く使用されるようになっています。この木質材料の魅力や特性は、これからの建設・不動産の脱炭素化や新たな価値の創出に貢献します。 不動産業界の動向 不動産協会と日本ビルヂング協会連公開は2021年に、脱炭素社会実現に向けた長期ビジョンを発表。それによると、2050年の社会像を想定し、環境負荷の低い建材など建設資機材の脱炭素化を推進することなどを挙げています。また、気候変動がもたらす大きな変化をリスクとしてとらえるだけでなく、技術革新や新ビジネス創出の機会としています。

CLTで未来に備える
CLTサミット CLTの現在と未来を考える
3D建築探訪
全国のCLTを知る

CLTの価値を考える

各イメージのクリックで動画をご覧いただけます。
 
 
【アーカイブ配信】第3回オンラインセミナー
「CLTでツクレルモノ・ツクレナイモノ」/ 2021
 
 

「石破茂氏が語るCLT 2016年」
『建築家が語るCLTの魅力』
デベロッパー講習会動画 (有限会社E・P・A環境変換装置建築研究所
武松幸治様インタビュー)/ 2018

はじめてCLTに取り組むときに

各表紙イメージのクリックでPDFを
ダウンロードいただけます。
はじめるCLT建築
はじめてCLTに取り組むときに
CLTを知るコンセプトブック2019
CLTが世の中に提供する価値を考える

ARE YOU READY?
CLTで未来に備えるパンフレット

CLT関連書籍 無料ダウンロード

各表紙イメージのクリックでPDFを
ダウンロードいただけます。

ここまでできる木造建築のすすめ
木を活かす建築推進協議会 2021
 
 

時流をつかめ!
企業価値を高める木造建築

ウッドソリューション・
ネットワーク 2019

CLT建築物の設計ガイドブック
愛媛県CLT普及協議会 2019
 
 

CLT相談室